すべての人に未来を

24時間365日受付 お問い合わせ

B型肝炎訴訟

B型肝炎についてのよくあるご質問

カテゴリ別一覧:

B型肝炎ウイルスに感染したら、必ず発症しますか?

B型肝炎ウイルス(HBV)に感染しても、必ず発症するわけではありません。症状がないままウイルスが体の外に排出されて治癒することもあります。 免疫力がある大人になってからB型肝炎ウイルスに感染した場合、20~30%の確率で急性肝炎を発症しますが、多くの場合は一過性感染(感染状態が6か月未満であること)で済み、2~3か月でウイルスが排出されて治癒します。ただし、1~2%の確率で劇症化し、命に関わる危険性もありますので要注意です。 また、B型肝炎ウイルスの遺伝子型(ジェノタイプ)が「A」の場合、大人になってから感染しても、約10%の確率で持続感染(感染状態が6か月以上続くこと)し、慢性肝炎、肝硬変、肝がんを発症するリスクもあります。 免疫力がない幼少期にB型肝炎ウイルスに感染した場合、90%以上の確率で、B型肝炎キャリア(持続感染者・・・感染状態が6か月以上続いている人)となります。 B型肝炎キャリアとなっても幼少期は無症状のままで、15~30歳ごろになると肝炎を発症します。そのうち、10~15%の確率で慢性肝炎となり、さらに数%の確率で、肝硬変や肝がんを発症します。

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。