すべての人に未来を

24時間365日受付 お問い合わせ

B型肝炎訴訟

感染と予防についてのよくあるご質問

カテゴリ別一覧:

B型肝炎ウイルスの母子感染を防止するにはどのような方法がありますか?

まず、妊婦検診でHBs抗原の検査を受けることができます。 この検査でHBs抗原が陽性だった母親から生まれた子どもには、抗HBs人免疫グロブリン(HBIG)とB型肝炎ワクチン(HBワクチン)が投与されます。 投与スケジュールは、次のとおりです。 1)生後12時間以内   HBIGとHBワクチンの投与 2)生後1か月   HBワクチン(2回目)の投与 3)生後6か月   HBワクチン(3回目)の投与 4)生後9~12か月   HBs抗原とHBs抗体を検査し、HBs抗原陰性かつHBs抗体≧10mIU/mLであれば、予防成功と判断 *抗HBs人免疫グロブリン・・・B型肝炎ウイルスに対する抗体を多く含んだ薬剤で、B型肝炎ウイルスを速やかに中和して、肝炎の発症を予防する効果がある。

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。