すべての人に未来を

24時間365日受付お問い合わせ

弁護士法人 法律事務所 MIRAIO

B型肝炎訴訟

病態の用語集

カテゴリ別一覧:

肝性脳症(肝性昏睡)

かんせいのうしょう(かんせいこんすい) hepatic encephalopathy

肝性脳症とは、肝硬変の末期や劇症肝炎などの原因によって、肝不全におちいったときにみられる意識障害などを中心とする精神神経症状をさします。
後から振り返ってはじめて気付く程度の、落ち着かない、イライラする、ぼんやりする、夜に眠れず昼間に寝ているなどの睡眠パターンの変化などの軽い症状のⅠ度から、痛みの刺激にも反応しない深い昏睡状態となる、重篤なⅤ度まで5段階に分類されます。
発症のしくみとしては、アンモニア、低級脂肪酸、メルカブタンやγ-アミノ酪酸などが肝臓で代謝・解毒されず血液中に増加し、さらに脳内に移行するためと考えられます。なかでもアンモニアはもっとも重要な因子と考えられています。
肝機能が低下するとアンモニア処理能力が落ちるだけでなく、本来腸管からの血液を肝臓に運び込む門脈の流れが悪化し、ときには逆流してしまうため、アンモニアが直接全身に回ることになります。

関連キーワード

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。