すべての人に未来を

24時間365日受付お問い合わせ

弁護士法人 法律事務所 MIRAIO

B型肝炎訴訟

病態の用語集

カテゴリ別一覧:

劇症肝炎
急性の肝炎の中でも、肝細胞の破壊がとくに急激に進行して、肝性脳症などの肝不全状態が出現した状態です。進行の速度によって急性と亜急性型に分けられます。肝性脳症の出現が、発症10日以内か、11日以降かによって、比較的予後の良い急性型劇...
脂肪肝
肝臓に、中性脂肪(トリグリセリド)が蓄積した状態です。肝小葉の約3分の1を脂肪が占めるようになると、脂肪肝と診断されます。これといった自覚症状はなく、健康診断などで偶然発見されることがほとんどです。腹部超音波検査や腹部CTなどで、...
アルコール性脂肪肝
アルコールの飲み過ぎによって最初におこる状態であり、大量飲酒者のほとんどにみられます。肝臓に、中性脂肪が蓄積した状態です。アルコールにより肝臓での脂肪の代謝が障害され、脂肪が肝臓にたまることが主な原因です。無症状に経過する事が多く...
自己免疫性肝炎
自身の免疫反応が深く関与して引き起こされる病気です。好発年齢は40~50歳で、男女比は1対7です。一般的に遺伝しないと考えられています。急性肝炎で発症する人から、健康診断などで検査値異常を指摘され、初めて見つかる慢性肝炎の人もいま...
非アルコール性脂肪肝炎(NASH)
肝臓内に中性脂肪が貯まった状態を脂肪肝といいますが、アルコールをほとんど飲まない人に起こる脂肪肝を、非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)と呼んでいます。非アルコール性脂肪肝疾患は進行せず良性の経過をたどる単純性脂肪肝と、肝硬変・...
肝性脳症(肝性昏睡)
肝性脳症とは、肝硬変の末期や劇症肝炎などの原因によって、肝不全におちいったときにみられる意識障害などを中心とする精神神経症状をさします。後から振り返ってはじめて気付く程度の、落ち着かない、イライラする、ぼんやりする、夜に眠れず昼間...
肝性糖尿病
肝性糖尿病は、肝性脳症、食道静脈瘤とともに、肝臓疾患の三大合併症と言われています。急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、アルコール性肝障害がきっかけとなって発症し、中でも肝硬変患者の10%が肝性糖尿病を発症するといわれています。 人は炭水化...
食道静脈瘤
食道の粘膜下にある細い静脈が瘤のように膨れて拡張し、ときに破裂してしまう病気です。 静脈瘤が破れると、大出血して、吐血、下血をおこし、手当が遅れると出血性ショックを起こして死亡することもある怖い病気です。 食道静脈瘤ができる原因は...

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。