年金分割 | 弁護士法人法律事務所MIRAIO

個人のお客様 離婚 年金分割支援サービス

年金分割支援サービス MIRAIOでは、あなたの年金分割のお手伝いをします。

離婚をお考えの方、離婚をしたいけど話が進まない、という方

こんな悩み、ありませんか?

  • 離婚して年金分割をしたいが方法がよくわからない。
  • 元夫と年金の分割割合について、話し合いをしているが話がまとまらない。
  • すでに離婚したが、今からでも年金分割の請求をできるのかしら?

MIRAIOはこう解決します。

  • 年金分割調停支援サービス 年金分割に際して必要な「合意分割」についての調停支援をするサービスです。
よくあるご質問
費用について

Q)いわゆる熟年離婚を考えていますが、離婚後の生活費が不安なので最近始まった年金分割のことを教えてください。

A)2007年4月より夫婦が離婚したときには年金を分割するシステムが法律によって認められました。厚生年金と共済年金(国民年金は対象外です。)については、夫が加入していた期間のうち結婚していた期間に対応する年金分が分割の対象となります。
ただし、受給する年金自体を分割するのではなく、年金保険料の納付実績を分割する(納付記録を請求者に振り替える)制度ですから、誤解しないようにしてください。

POINT!

2008年4月から離婚時点までの期間分についての年金は、妻の取り分は自動的に1/2となります。ただし、2008年3月までの年金については、夫婦で協議して分割割合を決めるか、(決まらないときは)家庭裁判所に調停を申し立てて、決めてもらうことが必要です。この場合、最大で2分の1まで分割可能です。

POINT!

年金分割にあたっては、社会保険庁に請求して、事前に必要な情報を取得することができます。

〔請求できる者〕夫婦の双方、又は、一方
離婚した後でも可能ですが、離婚後2年以内に限ります。

〔情報の提供〕各当事者の年金加入状況や分割によって受け取れる年金予想額などに関する情報
離婚前に、夫婦の一方のみが請求したときは、請求を行った者だけに回答が通知されるので、配偶者に知られずに年金情報が取得できます。

〔必要書類〕
1.ひな形の情報請求書(社会保険庁のホームページからダウンロードできます。)
2.年金手帳
3.分割当事者の身分関係に関する書類(戸籍謄本もしくは抄本など)

2008年3月までの年金納付分については、分割請求により常に2分の1になるわけではありません。当事者で解決できないときには、弁護士の協力が不可欠です。

あなたのお悩みも、MIRAIOへ相談してみませんか!

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

MIRAIOではこのように解決します!

1.社会保険庁に請求して、年金に関する情報の提供を受ける。
2.MIRAIOに年金情報(上記回答書)を送付し、到着次第、弁護士との無料相談を実施
3.2008年3月までの年金納付分について、相手と交渉し、按分割合の分割合意を支援します。合意できれば、分割に必要な書類等(公正証書等)を作成します。
4.合意できなければ、弁護士が代理人となって家庭裁判所に「按分割合を定める調停」の申立てを行います。
※既に始まった離婚調停・訴訟の手続き内でも、上記の申立てをすることができます
5.調停でも合意できないときは、裁判所が審判によって決定します。

POINT!手続き

分割割合が決まったときには、それに関する公正証書や調停調書などを社会保険事務所に届けることにより、妻が夫の年金を受け取る権利を取得します(ただし、実際に受給するのは受給年齢に達した時です)。

社会保険事務所への年金分割の請求(標準報酬額の改定または決定の請求)は、離婚した日の翌日から2年以内に行わなければなりません。

注意点として、社会保険事務所への年金分割の請求(標準報酬額の改定または決定の請求)は、離婚した日の翌日から2年以内に行わなければなりません。また、実際に分割した年金を受け取れるのは、妻が年金を受給できる年齢に達した時からです。

年金分割は、妻が専業主婦の場合だけでなく、共働き夫婦の場合も対象となります。この場合、専業主婦のように夫の年金を分割するのではなく、夫婦それぞれが受け取る老齢厚生年金のうち、夫婦であった期間の分を合算し、折半することになります。なお、妻がアルバイトやパートの場合で国民年金加入者であった場合には、夫の厚生年金だけが年金分割の対象となります。

参考事例 Aさん(女性)

Aさんは、30年前に結婚し、10年ほど共働きをしていましたが、その後は会社を退職して専業主婦となりました。平成21年1月に離婚調停を弁護士に依頼しました。離婚調停では年金分割の按分割合についても、調停事項に付け加えました。

MIRAIOに依頼

調停の結果、離婚と同時に、1990年から2008年3月までの年金分の按分割合について審判が確定 1990年から2008年3月までの保険料納付記録のうち2/5と2008年4月から離婚時までの保険料納付記録のうち1/2が、それぞれAさんに分割されました。Aさんは来年から、1990年までに自分が納付した年金保険料分に加え、上記の振り替え納付分をもとにした年金を受給する予定です。

あなたのお悩みも、MIRAIOへ相談してみませんか!

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

解決までの流れ

STEP1 ご予約
フリーダイヤル(0120-783-005)にかけて弁護士との法律相談をご予約下さい。まずは名前、電話番号等をお伺いした後、MIRAIOの弁護士からお電話をおかけいたします。
STEP2 弁護士相談
ご相談に対してアドバイスを行います。
弁護士は問題点を整理したうえ、見通しやリスクの十分な説明を行います。また、費用についても説明いたします。
STEP3 ご契約
提案内容にご納得いただけたら、ご契約の手続きに入ります(検討して、後日、依頼するということでも結構です)。事務員からご契約の案内をさせていただき、契約書や委任状等の書類を郵送いたします。

解決

「専業主婦としての長年の貢献が年金にもおいても評価されました。」

あなたのお悩みも、MIRAIOへ相談してみませんか!

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

よくあるご質問
費用について

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

年金分割TOPへ

法律事務所MIRAIOは法律サービスを「安心サービス産業」と位置づけています。
相談から訴訟の解決に至るまで様々な問題をサポートします。