親権 | 弁護士法人法律事務所MIRAIO

個人のお客様 離婚 親権獲得支援サービス

MIRAIOは親権の決定や変更でお悩みの方をサポートします。

「離婚はしても子供だけは渡したくない!」「何とか子供を引き取りたい!」という方

こんな悩み、ありませんか?

  • 離婚協議中だが、親権者を誰にするかで折り合わない。
  • 子どもの親権を渡さないと離婚しないと言われ、困っている。
  • 子を連れて出て行った妻から子どもを取り戻したい。
  • 離婚相手から子どもの親権を取り戻したい。

MIRAIOはこう解決します。

  • 親権指定調停支援サービス 親権指定を求める調停・審判の申立てを支援するサービスです。
  • 親権変更調停支援サービス 親権変更を求める調停・審判の申立てを支援するサービスです。
よくあるご質問
費用について

親権の基準って?

Q1)現在、別居した主人と離婚の話し合いをしています。
別居する際、小学校4年生の男の子をおいて家を出たのですが、何とかこの子の親権を取りたいと思っています。これは可能でしょうか?

○子の親権や監護権については、離婚の際、当事者で協議して父母のいずれにするかを決定します。しかし、話し合いがまとまらない場合には、家庭裁判所に調停を申立て、それでも合意できなければ家庭裁判所に裁判(審判や判決)をしてもらうように申立てをします。

POINT! 親権とは?

未成年の子を立派な大人に育てる役割を「身上看護権」といい、子の財産を管理し、財産処分を代理する役割を「財産管理権」といいます。これらを合わせたものを親権といいます。

親権者が決まらないと離婚はできないので、親権指定の協議がまとまらないときは、離婚調停や離婚訴訟を申し立て、同時に親権者の指定をしてもらいます。

○家庭裁判所は、一定の基準で、父母のいずれを親権者とするかを決定します。
大まかに言うと、

第1に、子の幸せや福祉に適合しているかという視点から判断します。
例えば、年齢、性別、心身の発育状況、兄弟姉妹との関係、従来の環境への適応状況、環境の変化による影響の度合い、子ども自身の意向などが考慮されます。

第2に、父母の事情として、以下のような事情を考慮します。

  • ア 年齢、健康状態、性格
  • イ 資産、収入、職業、生活態度、住居環境
  • ウ 教育環境、親族の援助の有無、再婚可能性
  • エ 子に対する愛情の度合い

第3 その他、重視・優先される事項

  • ア 継続性の重視
    →これまでに子と同居してきた親を優先させる傾向があります。これまでの養育環境を変えることは子の情緒を不安定にするからです。
  • イ 兄弟姉妹の不分離重視
    →これまで一緒に育ってきた兄弟姉妹を離ればなれにするのは好ましくないと判断する傾向があります。
  • ウ 母親優先
    →乳幼児については原則として母親に養育させる方が望ましいとする傾向があります。

MIRAIOでは、親権の獲得に向けてのお手伝いをいたします。
まずは診断シートに記入し送付してください。到着後、弁護士との無料相談を予約いたします。

解決までの流れ
親権獲得診断シート
あなたのお悩みも、MIRAIOへ相談してみませんか!

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

親権が変更されるはどのような場合?

Q2)裁判で離婚をした際、子二人(当時、長男14歳、長女10歳)の親権は夫に指定されました。
しかし、最近、子供たちと会った際、長男から、父親が暴力を振るう、付き合っている女性と同居し始めてから、自分たちの面倒を看なくなったなどという話を打ち明けられました。
これでは子らが可哀想です。親権を変更することはできますか?

○一度決定した親権者を変更するには、家庭裁判所に親権変更の調停または審判を申し立てることが必要です。

○相談者が親権を自分に変更できるかどうかは、もっぱら子の幸せや福祉、権利実現のためにはどちらがふさわしいかで決まってきます。上記の事例では、父親のもとでは、子どもが安定した精神状態で生活を送れないということを主張・立証してくことがポイントとなります。

○MIRAIOでは、親権の変更に向けてのお手伝いをいたします。上記の例なら、家庭裁判所に親権変更の調停または審判の申し立てをし、裁判所によって事実調査をしてもらいます。
また、面接交渉の申し立てをすることによって、子らと直接会い、事実を確かめ、証拠を集めていくという方法もあります。まずは、弁護士との無料相談をご予約ください。

解決までの流れ
親権獲得診断シート
あなたのお悩みも、MIRAIOへ相談してみませんか!

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

解決までの流れ

STEP1 ご予約
フリーダイヤル(0120-783-005)にかけて弁護士との法律相談をご予約下さい。まずは名前、電話番号等をお伺いした後、MIRAIOの弁護士からお電話をおかけいたします。
STEP2 弁護士相談
ご相談に対してアドバイスを行います。
弁護士は問題点を整理したうえ、見通しやリスクの十分な説明を行います。また、費用についても説明いたします。
STEP3 ご契約
提案内容にご納得いただけたら、ご契約の手続きに入ります(検討して、後日、依頼するということでも結構です)。事務員からご契約の案内をさせていただき、契約書や委任状等の書類を郵送いたします。

解決

親権を獲得

あなたのお悩みも、MIRAIOへ相談してみませんか!

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

よくあるご質問
費用について

親権獲得診断シート

MIRAIOにお願いする際、以下のチェックシートに記入してメール、または送付いただけると、ご相談をスムーズに進めることができます。(必須ではありません。)

メールでご送付の方は、以下のテキストをコピーしてお使いください。
FAXでご送付の方は、下の印刷ボタンから印刷をして、ご記入ください。

【子について】
1.年齢(        歳)  おおむね10歳以下だと母親に有利です。
2.性別男 / 女
3.心身の発育状況について(                                                                     )
4.兄弟姉妹の有無(                )、現在だれと同居しているか(                                                           )
5.これまでの生活環境にどの程度適応しているか
(                                                                                                                                                  )
6.これまでの環境が変化した場合、懸念される影響や問題点があれば書いてください。
(                                                                                                                                                  )
7.子ども自身は、父・母のいずれと暮らしたいといっているか
(                                                                                                                                                  )
【父親について】
1.年齢(        歳)
2.心身の発育状況について(                                                                     )
3.性格、性癖等についての問題点(                                                                     )
4.資産の内容(                                                                     )
5.収入(                     )、職業(                                                                                       )
6.生活態度として特筆すべきこと(または問題となること)
(                                                                                                                                                  )
7.住居環境について(持ち家 / 賃貸 / 実家暮らし)
8.子の将来の教育環境(中・高学校、大学など)について有利な点(または不利な点)
(                                                                                                                                                  )
9.親族の援助が可能か否か(                                                      )
10.再婚の可能性と現実性について(                                                      )
11.子に対する愛情の度合い
  • ア  愛情の度合いが強いことを示すような事実や出来事・エピソードを書いてください。
    (                                                                                )
  • イ  愛情の度合いが強くないことを示すような事実や出来事・エピソードを書いてください。
    (                                                                                )
【母親について】
1.年齢(        歳)
2.心身の発育状況について(                                                                     )
3.性格、性癖等についての問題点(                                                                     )
4.資産の内容(                                                                     )
5.収入(                     )、職業(                                                                                       )
6.生活態度として特筆すべきこと(または問題となること)
(                                                                                                                                                  )
7.住居環境について(持ち家 / 賃貸 / 実家暮らし)
8.子の将来の教育環境(中・高学校、大学など)について有利な点(または不利な点)
(                                                                                                                                                  )
9.親族の援助が可能か否か(                                                      )
10.再婚の可能性と現実性について(                                                      )
11.子に対する愛情の度合い
  • ア  愛情の度合いが強いことを示すような事実や出来事・エピソードを書いてください。
    (                                                                                )
  • イ  愛情の度合いが強くないことを示すような事実や出来事・エピソードを書いてください。
    (                                                                                )
メールを送信する (メーラーが起動します)
FAX用に印刷する(別ウィンドウが開きます)

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

親権TOPへ

法律事務所MIRAIOは法律サービスを「安心サービス産業」と位置づけています。
相談から訴訟の解決に至るまで様々な問題をサポートします。