財産分与 | 弁護士法人法律事務所MIRAIO

個人のお客様 離婚 財産分与支援サービス

財産分与支援サービス 離婚時の夫婦財産の清算について、MIRAIOが万全のお手伝いをします!

財産の上手な清算は、上手な別れ方の第1歩!

こんな悩み、ありませんか?

  • 協議離婚にこぎつけたが、財産の分与で話がまとまらない。
  • 離婚後の生活が不安なので、できるだけ多くの財産を分けてもらいたい。
  • 離婚後、住宅ローンの残った自宅を清算する方法を知りたい。
  • 離婚したが、何も財産を分けてもらわなかったので、何とかしたい。

MIRAIOはこう解決します。

  • 財産分与の交渉サービス 弁護士が財産の適正な分与を求めて相手方と交渉します。
  • 調停支援サービス 弁護士が代理人となって分与を求める調停を申立て、出廷します。また、代理人とはならずに、本人申立てをサポートする方法もあります。
  • 訴訟支援サービス 弁護士が代理人となって訴訟手続きの中で財産分与の請求をし、出廷します。また、代理人とはならずに、本人訴訟をサポートする方法もあります。
よくあるご質問
費用について

離婚の財産分与のお悩みをMIRAIOが解決

POINT! 分与の割合は?

夫婦共有財産は、夫婦が協力して築いたものですから、その清算(分与)については、原則として1/2ずつということになります。ただし、裁判所は、「財産の取得や維持に対する夫婦双方の貢献度合い」「過去の生活費の不払い分の清算」「離婚後の当面の生活費援助」「離婚につき責任ある配偶者に対する慰謝料負担」などの諸事情を考慮して、分与の額を決定することができるので、実際は1/2ずつにならない場合もあります。

POINT! 分与の手続き

財産分与の請求は、通常、離婚調停・離婚訴訟の申立てと同時に申立てられます。しかし、離婚が決まらないと財産分与はできないため、調停がまとまらないときは、離婚訴訟の判決によって決まります。
離婚後に財産分与の調停を申立てる場合には、調停がまとまらないときでも、自動的に家事審判官(裁判官)が一切の事情を考慮して、分与額を決定(審判)します。

POINT! 借金がある場合

分与の対象となる財産は、借金を控除した後の「純資産」です。よって、プラス財産から借金(負債)を除いた夫婦それぞれの純資産を比べて、その差額を2等分した額が分与を求めるべき財産ということになります。

財産の分与(夫婦財産の清算)について当事者で話がまとまらない場合には、家庭裁判所に財産分与に関する調停や訴訟を申立てることが必要です。

MIRAIOでは、あなたに最適な財産分与の請求内容を作成し、その実現に向けて相手方との交渉、調停、訴訟などのお手伝いをします。

離婚に際して行なわれる「財産分与請求」とは、簡単に言うと「夫婦共有財産の清算」です。よって、財産分与の分割基準は原則として1/2ずつです。
ただし、離婚に至った責任が相手方にあるような場合には、慰謝料も含めた財産分与請求ができます。この場合は、相手方が1/2超えて払うことになります。

POINT! 財産分与の対象となるもの、ならないもの

財産分与の対象となるもの

  • ・婚姻後に取得した財産(不動産、預貯金、有価証券、動産、保険返戻金請求権)
  • ・すでに支給された退職金(ただし婚姻期間に相当する部分だけが分割対象となる)
  • ・結婚後、夫婦生活のためにつくった借金

財産分与の対象とならないもの

  • ・結婚前にそれぞれが持っていた財産
  • ・結婚を機に実家から持ってきた財産
  • ・結婚中に相続した財産
  • ・将来、支給される退職金(ただし、数年後に支給されるものは対象となりそうです。裁判例では、6年後に支給される退職金を分与の対象としたものがあります。)
解決までの流れ
財産分与診断シート
あなたのお悩みも、MIRAIOへ相談してみませんか!

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

よくあるご質問
費用について

解決までの流れ

STEP1 ご予約
フリーダイヤル(0120-783-005)にかけて弁護士との法律相談をご予約下さい。まずは名前、電話番号等をお伺いした後、MIRAIOの弁護士からお電話をおかけいたします。
STEP2 弁護士相談
ご相談に対してアドバイスを行います。
弁護士は問題点を整理したうえ、見通しやリスクの十分な説明を行います。また、費用についても説明いたします。
STEP3 ご契約
提案内容にご納得いただけたら、ご契約の手続きに入ります(検討して、後日、依頼するということでも結構です)。事務員からご契約の案内をさせていただき、契約書や委任状等の書類を郵送いたします。

解決

専業主婦としての長年の貢献が財産分与として評価されました。

あなたのお悩みも、MIRAIOへ相談してみませんか!

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

よくあるご質問
費用について

財産分与診断シート

MIRAIOにお願いする際、以下の診断シートに記入してメール、または送付いただけると、ご相談をスムーズに進めることができます。(必須ではありません。)

メールでご送付の方は、以下のテキストをコピーしてお使いください。
FAXでご送付の方は、下の印刷ボタンから印刷をして、ご記入ください。

1  (清算的要素)夫婦共有財産・妻の仕事について
■婚姻後に生じた財産を記載して下さい。
  • ア  不動産〔種類、個数〕(                                                  )
  • イ  預貯金額(                                                  )
  • ウ  金融資産〔種類、金額〕(                                                  )
  • エ  自動車・貴金属・宝石などの高価な動産(                                                  )
  • オ  生命保険(解約時の返戻金の有無)(                                                  )
  • (掛け金を支払った年数)(                                                  )
  • カ  その他(                                                  )
■相手方の年金の種類(厚生年金 / 共済年金 / その他)
■退職金
(                                                   )万円
(既受領の場合;平成                    年支給)
(未受領の場合;定年退職までの期間    年)
■女性配偶者(妻)の職業(下記から選んで下さい)
  • ア  専業主婦型
  • イ  家業協力型(月あたりの労働時間         時間)
  • ウ  共働き型(夫の年収         万円/妻の年収         万円)
■婚姻中に自分が立て替えた婚姻費用はありますか?(あればその内容を記載してください)
(                                                                                                                                                  )
■長年にわたり義父(配偶者の親族)等の介護をしてきましたか?
(                                                                                                                                                  )
■別居があればその期間(                                                                     )
■別居期間中の婚姻費用・養育費の支払はありますか?(あれば内容を記載してください)
(                                                                                                                                                  )
■別居期間中の仕事と収入状況
夫(                                                                                                                                            )
妻(                                                                                                                                            )
2  (扶養的要素)離婚後の配偶者の仕事・収入状況・生活状況
■相手方は次のいずれかに該当しますか?(高齢者・精神病・入院中)
■仕事・収入状況(                                                                     )
■資産状態(年金、持ち家所有、預貯金) / 自活能力の有無(                                                             )
■援助が期待できる親族の有無(                                                                     )
■一人暮らしですか?(                                                                     )
■借入状況(                                                                     )
■離婚後に子の養育はありますか?(                                                                     )
■養育費の支払合意(                                                                     )
3  (慰謝料的要素)有責性
■離婚原因についてもっぱら相手方に責任はありますか?(                                                                     )
■自分にも責任がある場合、その原因となる事実は?
(                                                                                                                                                  )
■相手方の責任の内容(暴力、不貞、酒乱、遺棄、浪費、性格、宗教活動など)
具体的態様及び程度、背信性などを詳しく記載してください。

(                                                                                                                                                  )
4  すでに協議離婚が成立している場合
■協議離婚の成立日は?(成立後2年経過で分与請求権は消滅)(                                                                     )
■書面(合意書、公正証書、調停調書、判決書)を作成しましたか?(                                                                     )
■上記書面で清算条項(「夫婦間に何らの債権債務がないことを確認する」)を入れましたか?
(                                                                                                                                                  )
■相手方と子との面接交渉は円滑に行われていますか?(                                                                     )
5  すでに財産分与(合意・処分行為)がなされている場合
■分与時期(                                                                     )
■分与済みの財産内容(                                                                     )
メールを送信する (メーラーが起動します)
FAX用に印刷する(別ウィンドウが開きます)

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

財産分与TOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。