すべての人に未来を

24時間365日受付 お問い合わせ

B型肝炎訴訟

検査についてのよくあるご質問

カテゴリ別一覧:

B型肝炎ウイルスに感染しているかどうかを調べるには、どのような検査をしますか?

血液検査で、次のような項目の検査をします。一般的には、まずHBs抗原の検査をします。結果が陽性の場合は、B型肝炎ウイルスに感染しているということになり、その状態が6か月以上続くと、B型肝炎キャリア(持続感染している)と判断されます。 HBe抗原が陽性の場合は、B型肝炎ウイルスに感染しているというだけでなく、ウイルスが活発に増殖していて、感染力が強いことを意味します。 HBV-DNAとはB型肝炎ウイルスのDNAのことです。HBV-DNAが陽性の場合は、B型肝炎ウイルスに感染しており、血液中にもウイルスが存在することを意味します。 血液中のウイルス量を測ることで、今後病状が悪化するリスクや、治療対象になるかどうかを判断することができます。 HBc抗体(IgG-HBc抗体)が陽性の場合は、過去にB型肝炎ウイルスに感染したことがあることを意味します。一定以上高い値の場合は、B型肝炎ウイルスに持続感染した(B型肝炎キャリア)と判断されます。 詳しくは、こちらの記事もご参照ください。 「B型肝炎訴訟に必要な血液検査とは?検査項目と検査費用を簡単解説!」

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。