すべての人に未来を

24時間365日受付 お問い合わせ

B型肝炎訴訟

感染と予防についてのよくあるご質問

カテゴリ別一覧:

B型肝炎ワクチンを接種するにはどのような方法がありますか?

B型肝炎ワクチンを接種するには、次の3つの方法があります。
  • 母子感染防止のための接種
  • 定期接種
  • 任意接種
  1. 母子感染防止のための接種 B型肝炎ウイルスに感染している母親(HBs抗原が陽性の母親)から生まれた子には、出生直後から生後6か月にかけて、B型肝炎ワクチンが3回接種されます。 通常は、出産した産婦人科などの医療機関で接種できます。
  2. 定期接種 定期接種とは、法律に基づいて市区町村が実施する予防接種です。 母子感染防止のための接種を受けた子以外のすべての0歳児が接種対象です。1歳になる前に、3回接種しなければなりません。 市区町村の保健センターや、市区町村の委託を受けた医療機関などで接種できます。
  3. 任意接種 1歳になったら定期接種の対象にはなりませんので、B型肝炎ワクチンを受けるには、個別に医療機関で接種しなければなりません。
詳しくは、こちらの記事もご参照ください。 「B型肝炎ワクチンのすべて!費用、スケジュール、副作用など簡単解説」

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。