すべての人に未来を

24時間365日受付お問い合わせ

弁護士法人 法律事務所 MIRAIO

B型肝炎訴訟

よくあるご質問

B型肝炎訴訟について、いただいたご質問を紹介します。

カテゴリ別一覧:

B型肝炎ウイルス・持続感染者について

B型肝炎ウイルス持続感染者はどのような経過をたどるのですか?
出生時または乳幼児期にB型肝炎ウイルス(HBV)に感染してB型肝炎ウイルス持続感染者(HBVキャリア)になると、その多くはある時期まで肝炎を発症せず、健康なまま経過します(無症候性キャリア)。 しかし、ほとんどのB型肝炎ウイルス持続感染者(HBVキャリア)では、10歳代から30歳代にかけて肝炎を発症します。一般に、この肝炎は軽いものであることが多いために、本人が気付くほどの症状が出ることはほとんどなく、検査によってのみ肝炎であることがわかります。85~90%の人では、この肝炎は数年のうちに自然に治まってまたもとの健康な状態に戻りますが、ほとんどの人ではウイルスが身体から排除されないままB型肝炎ウイルス持続感染者(HBVキャリア)である状態が続きます(無症候性キャリア)。 B型肝炎ウイルス持続感染者(HBVキャリア)のうち、10~15%は慢性肝炎を発症し、治療が必要となるとされています。慢性肝炎を発症した場合、放置すると自覚症状がないまま肝硬変へと進展し、肝がんを発症することもあるので注意が必要です。 詳しくはかかりつけ医にご相談下さい。
B型肝炎ウイルス持続感染者であっても肝機能検査が正常の場合がありますか?
あります。 一般に、検診や献血時の検査で偶然B型肝炎ウイルス(HBV)に感染していることが分かった、自覚症状のないB型肝炎ウイルス持続感染者(HBVキャリア)では、同様の経緯でみつかったC型肝炎ウイルス持続感染者(HCVキャリア)に比べて、肝酵素(AST(GOT)、ALT(GPT))値が正常である比率が高いとされています。 また、慢性B型肝炎患者の肝酵素値は変動しますから、ある時は正常値、別のある時は異常高値という場合もあります。慢性肝疾患があっても、1年以上肝酵素値が正常の方もいます。 AST、ALTは、肝細胞が壊れた際に血液中に放出され、その値が上昇するもの(逸脱酵素)ですから、この数値が正常であっても、肝臓の病期(線維化)はすすんだ状態にある場合もありますので、一度は専門医で精密検査を受けることをお勧めします。精密検査により異常が認められなかった場合でも、定期的に検査を受け、健康管理に努めることが大切です。 詳しくはかかりつけ医にお尋ね下さい。
B型肝炎ウイルス持続感染者で肝機能検査値の異常がみられる場合にはどうしたらよいですか?
B型肝炎ウイルス持続感染者(HBV キャリア)で肝機能異常(慢性の炎症)がみつかった人でも、直ちに本格的な治療を必要とするほど進んだものではない場合もあります。 しかし、ある程度進んだ慢性肝炎を放置すると、時によっては知らず知らずのうちに肝硬変や肝がんに進展することもあるので注意が必要です。初診時の検査で、治療が必要であると診断された場合には、かかりつけ医の指示に従って適切な治療を受けてください。 初診時に、ごく軽い慢性肝炎でただちに本格的な治療を始める必要はないと診断された場合でも、定期的(2~3ヶ月ごと)に検査を受け、新たに肝臓に「異常」が起こっていないかどうかをその都度確認しながら生活することが大切です。なお、定期的な検査で「異常」がみつかった場合には、かかりつけ医の指示に従って治療を開始することが必要です。 定期的に受診して、肝臓に「異常」がないことを確かめながら生活することと、他人への感染予防を心がけるかぎり、日常の生活習慣の変更や日常活動の制限などをする必要は全くありません。この場合、もちろん治療の必要もありません。 詳しくは、かかりつけ医と相談してください。
B型肝炎ウイルス持続感染者の治療には専門医への相談が必要ですか?
精密検査、治療法選択の相談等のために専門医を受診することが必要です。B型肝炎ウイルス(HBV)に感染している人の治療を行う際には、B型肝炎治療に関する最新の知識、経験によることが望ましいからです。 献血をした際や各種の検診を受けた際などにB型肝炎ウイルス持続感染者(HBV キャリア)であることが初めて分かった人を定期的に詳しく検査してみると、10~15%の人の肝臓に「異常」(慢性肝炎)がかくれていることが分かってきました。 医師の診断で肝臓に「異常」(慢性肝炎)がみつかった人でも、直ちに本格的な治療を必要とするほど進んだものではない場合もあります。しかし、ある程度進んだ慢性肝炎を放置すると、時によっては、知らず知らずのうちに肝硬変や肝がんに進展することもあるので、注意が必要です。 初診時に、肝臓に「異常」がみつからなかったり、ごく軽い慢性肝炎で直ちに本格的な治療を始める必要はないと診断された場合でも、定期的に(2~3ヶ月ごと)に専門医を受診して検査を受け、新たに肝臓に「異常」が起こっていないかどうかをその都度確認しながら生活することが大切です。 日本肝臓学会では、ブロックごとに肝臓専門医に関する情報をホームページ上で公開しています。
我が国にはB型肝炎ウイルス持続感染者がどのくらいいるのですか?
1995年から2000年までの6年間に、全国の日赤血液センターにおいて初めて献血した348.6万人について、2000年時点における年齢に換算して集計した年齢別のHBs抗原陽性率をみると、16歳~19歳で0.23%、20~29歳で0.52%、30~39歳で0.84%、40~49歳で1.19%、50~59歳で1.50%、60~69歳で1.27%となっています。 これらの数値と、それぞれの年齢集団ごとの人口をもとに試算すると、2000年の時点における我が国の15歳から69歳までの人口9,332.6万人の中に86.6万人~103.1万人くらいのHBV(B型肝炎ウイルス)キャリアの方が、自覚しないままの状態で潜在すると推計されました。 なお、「HBV母子感染防止事業」が全面的に実施に移された1986年以降に生まれた若い世代では、B型肝炎ウイルス持続感染者(HBV キャリア)はきわめて少数(0.04%程度)になっていることが分かっています。

お問い合わせ

資料のご請求・お問い合わせは下記よりお願いします。

法律相談なら弁護士法人法律事務所MIRAIOヘ。
経験豊富な弁護士がサポートします。お気軽にお問い合わせください。

一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください

Please feel free to contact us.24時間365日受付

Mail Formメールで相談受付 Consultation Tool相談ツールMIRAIO Document Request資料請求

一人で抱え込まずに、お気軽にご連絡ください。